2021年加賀フィッシングエリアで初トラウト釣りを満喫!




2021(令和3)年、初のニジマスを釣るべく、栃木県で人気の管理釣り場「加賀フィッシングエリア」にてトラウトフィッシングを堪能。
AM6時~PM2時の間、ひたすらルアーを試行錯誤しながらエリアトラウトを楽しんできました。

やはり、この時期の加賀は池の減水傾向

栃木県佐野市にある人気エリアトラウトと言えば、加賀フィッシングエリア。

毎年お世話になるこのフィールドは、色々なルアーを試す事が出来、大変すばらしい管釣りフィールド。

いつもは、水深5m位ある池がこの時期は、湧き水の低下で減水傾向に。

こうなると、冬の時期も重なり非常にタフな状況に。

減水により、水質も緑上に濁りまさにステインと言った感じ。

いつもの釣りが出来ずに個人的にな何とも苦手にな季節。

予想はしてたけど、やっぱりなと言った感じでした・・・

やっぱり、いつものルアーが効かない・・・

個人的なジンクスと言うか、イメージと言うか・・・

『その日の釣果は朝マズメで決まる』

朝の魚の反応次第でルンルン気分になるか、それとも地獄を味わうかが分かる気がします。

この日は絶望的。

ガチのトラウトの人達ならサラッと対応できるのでしょうが、私の様なヘタっぴなアングラーには厳しい。

トップが比較的調子が良いフィールドがこの日は皆無。

まぐれで1匹ニジマスが釣れてくれただけです・・・w

ボトムは調子が良かった!

トップがダメならボトムしかない!!

正直、スプーンでの巻きの釣りは苦手。

着水して、カウントダウンしながら表層~中層~ボトムとレンジキープしながら巻く高等テクニックは私には無い。

なので、基本トップかボトムしか狙いません。

そんな私の釣果が見込める選択肢は、文字通りボトム。

底にステイしているだろうトラウトを狙う釣りで何とか釣果を伸ばしていった感じです。

ジャッカル・ティモンから出ているブングによる縦の釣りが効果的でした。

寒さによる集中力切れで、80匹くらいで14時に終了。

何だかんだで、満足出来る釣行ではありました。

ベンチに座り休憩しながら景色を楽しみ、優雅に釣りが出来るのは何とも贅沢。

加賀フィッシングエリアは相変わらず、私の心を癒してくれますw



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です