雨後のマッディー野池でバス釣り!トップで食わないのでボトムでエビ系ズル引きで食わす!!




春アフタースポーニングに梅雨の時期が重なる2021年5月下旬、水質の安定しているであろう野池でのバス釣り。
しかし、カフェオレ色のマッディーコンディションで反応が皆無。
これはトップ?
それともボトムですか!?

雨直後の野池で朝マズメからバス釣り開始!

まだまだ、田植えのシーズンの影響での水の濁りに、梅雨の時期到来!

更に、スポーニングも絡み、結構個人的に釣り辛いと感じているこの5月下旬。

今回は、大雨直後の野池でのバスフィッシングにチャレンジしてきました。

割と水質の安定した野池なら大丈夫と踏んだらこの状況w

マッディーダダ濁りでした・・・

ビッグベイトに羽モノを投げるも反応せず・・・こんな時はやはりボトムでじっくり丁寧にw

朝マズメのロケーションでは、やはり表層トップからスタートしたくなるというもの。

ジャッカルのダウズスイマー180SFに、DRTのタイにクラッシュ、更には、レイドジャパンのデカダッジ等でシャローを攻めてみましたが反応ゼロ。

これは、地面でバスはじっとしているのか!?

そう思い、ノリーズの定番、エスケープツインの直リグでじっくりズル引きを開始。

すると、その周辺でいきなり岸際にバスが差しボイル!?

すかさずルアーを回収しその付近にキャスト。

シェイクしながら誘っていると、ラインがスーッと横に走る。

「これは食ったかな?」

一応数秒待ち、フルフッキング。

すると、ボリューミーなラージマウスバスが釣れちゃいました!

 

第六感が働いた!丸々太った筋肉万太郎バスw

プラグダメだからワームでボトム。

そう、直感が働き、すぐにリグり直した成果がコレ。

45cmで腹のぷっくりしたいいバス!

重さも満足!

このサイズで1.53kgは、上出来ですw

開始早々、もう満足したから即帰宅したいと感じた釣行でした。

この後、30UPのバスがヒットし、友人はフロッグでデカイ雷魚を釣るといった、何とも楽しい釣行となりました。

チャン、チャンw

本日の使用タックルを紹介

今回の釣行で使用したタックルセレクトがコチラ↓

シマノ:18 ポイズングロリアス 170H+

シマノ:19アンタレスHG

シーガー:フロロマイスター16lb



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です