バス用収納ボックスでコレが1番デカイ!カスタマイズ可能なメイホウVS8050

バス釣り用収納ケースメイホウVS8050購入!
かさばるバス用品を一個に収納可能!
大容量なので、車に置いとくとホント便利なツールボックスです!

明邦化学株式会社(メイホウ):VS-8050 (スモークBK)

画像リンク

バス釣りをやってる人ならお馴染みのメイホウから販売されている道具入れ。

その中でも一番デカいサイズなのが、この『VS-8050 (スモークBK)』。

多くのバスプロが愛用しているのでも有名ですね。

買ってから知ったんですが、この商品はイマカツの今江克隆プロの監修商品なんですね!

結構バス釣りにハマると道具の収納に困る様になってきました。

前々から道具を一まとめにしたいと考えていたので思い切って購入。

とにかくデカい!

画像リンク

真上から見た状態がこんな感じ。

2Lのペットボトルを置いて比較して見ましたが、余裕で真横に2本分入る大きさ。

かなり大きいですね!

基本的には、ルアーやフック等の道具を一まとめにし、車に積んで使用しています。

Amazonで商品をチェック⇒メイホウ(MEIHO) VS-8050

楽天で商品をチェック⇒明邦化学工業(MEIHO) VS8050

かなりの収納力!種類別に分けられるのが非常に嬉しい!!

画像リンク

どのくらいの収納スペースがあるのか、簡単に紹介。

ふたの部分にも収納スペースがあります。

ちょっとした道具や、一度使用したワームなどを入れておくと便利な感じです。

画像リンク

フタを開けてまず出てくる一番上収納スペースがコレ。

右側にはスピナーベイトやバズベイトを収納できる棚が並んでいます。

仕切りに関しては、取り外しが可能。

持っている道具に合わせてスペースを調整する事が出来ます。

私は、フックケースやシンカーケース等の道具を左側に収納しています。

余裕があるので、道具を結構持ってる方でも安心して収納可能ですね。

画像リンク

下にある引き出しは計4つ。

それぞれ仕切りの形が異なります。

ルアーの種類やサイズごとに収納できるので便利。

引き出しに関しては、カスタマイズが可能。

仕切り等がいらない方や調整したい方は、明邦から別に販売されているケースを収納する事も出来るので、このボックスに関しては本当に自分好みにカスタマイズ出来て凄い便利です!

※引き出しトレーをVS-3045と差し替えができ、VS-820ND・VS-820NDM・VS-420・VS-4060・SFC-L・VS-SFCをシステム的に収納できるなど、自分好みのカスタマイズが可能です。

Amazonで商品をチェック⇒メイホウ(MEIHO) VS-8050

楽天で商品をチェック⇒明邦化学工業(MEIHO) VS8050

この商品で感じたメリットとデメリット

実際に使ってみて、個人的に感じたメリットとデメリットを紹介。

〇メリット

車の収納やボートでの持ち運びに便利。
収納スペースが多くあり、道具をよりコンパクトにまとめる事が出来る。
引き出しに関しては、差し替えでカスタマイズできるので自分好みに使用出来る。
とにかく頑丈で安心して持ち運びが可能。

〇デメリット

重量があるので、オカッパリの移動の釣りには不向き。
ワームに関しては、未使用品の収納は無理がある。(引き出しの差し替えで多少収納出来るようになる。)

個人的には、圧倒的にメリットしか感じませんでした。

唯一のデメリットの問題に関しては、当日使用したいものを小分けに他のケースに持っていくだけ。

逆に余分な物を持って行かなくなり、非常にオカッパリでの釣行がしやすくなりました。

ワームに関しては、商品によって袋のサイズが違います。

なので、100均のボックスで別に収納してるので問題無し。

総合的に考えて、持ってるとやっぱり便利。

他にもVS8010等のちょっぴり小さいサイズの工具箱もありますが、どちらにせよ持ち運びし辛いですし、後悔するくらいなら最初から一番大きなこのボックスがオススメです。

ボートに乗る方ならなおさらコレをオススメします。

それに、引き出しのカスタマイズが出来るのはこの商品だけです!!

Amazonで商品をチェック⇒メイホウ(MEIHO) VS-8050

楽天で商品をチェック⇒明邦化学工業(MEIHO) VS8050



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タケ

埼玉県を拠点に釣りを楽しむアングラー。 主にバス釣り・エリアトラウト・シーバス・鮎の友釣り・ヘラブナ釣り等、いろんなジャンルの釣りを楽しみ、ブログや動画で釣果報告をする日々。 現在はSBFJでも動画投稿中。 ・2019年よりDUEL(デュエル)サポーターとして活動し釣具の提供を受ける。