2020年1月に初デカバスを狙いゲット!ヘビーテキサスで豪快に引っこ抜きました

令和2年1月、ガチで一日久しぶりにバス釣り。
40cmオーバーのバスをゲット

2020年初バスをようやくゲット!

2020年1月後半になり3回目のバス釣り。

外気温5度。

水温が平均10℃以下の厳しい状況。

埼玉県の釣りフィールドをグルグル回りながら、バス釣りをしていきました。

途中、柴山沼や中川あたりをチェックしてみましたが、この極寒の中釣り人が多いですね・・・

なので、入る場所も無くスルーするはめに・・・w

河川や野池をランガンしながら釣りをしていきましたがノーバイト。

魚っ気すら感じられませんでした。

そんな中、夕マヅメの時間帯になりラストチャンス帰り道に寄った河川へ。

状況としては強風で川の流れが若干激しい感じ。

その為、軽いリグでは簡単に流されてしまうので、重めのテキサスの釣りへ。

「んんん・・・、キタッ!!」

岸際をGEECRACH(ジークラック)のベローズギル3.8インチを使用した重めのテキサスでボトムパンプ的なズル引きをするとラインが走りバイトを実感。

一気にフッキングし、引っこ抜きました。

サイズとしては40UP。

先日、グリップエンドのロッドカスタマイズをしたダイワの川村光大郎さんシグネチャーモデルのキングバイパーに入魂完了(改造する前に散々釣らしてもらいましたがw)

グリップエンドが重くなっているので、引っこ抜く際も、よりバスに主導権を与える事無くファイトが出来ました。

このサイズでもバスが水面を跳ねてやって来ますw

重さはこんな感じ。

1.1キロgと、冬の厳しい中でこのサイズはとっても嬉しい。

このぐらいだと親指がザラザラになるので、釣れたと実感できる。

先日購入した、ダイワのデジタルスケール(はかりの部分を改造)を入魂出来て満足な一日でした。

使用ルアーを紹介

今回の釣行で使用したルアーを紹介!

GEECRACH(ジークラック):ベローズギル3.8インチ

琵琶湖メーカーのジークラックから販売されているワーム。

蛇腹形状の為、良くアクションするので、個人的に使用しています。

基本使用する際は、テキサスリグ。

今回の釣行をYouTube動画にアップ

近日、SBFJにて動画アップする予定です。
良ければGOODボタンとチャンネル登録よろしくお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です